エベレスト登頂者に学ぶ目標達成:織田慶

織田慶

 

おはようございます、

織田慶です。

 

突然ですがあなたは、

冒険家の三浦雄一郎さんを

ご存知でしょうか?

 

世界一高いエベレスト登山における

最年長記録保持者として、

ギネスブックに認定された人です。

 

70歳、75歳、80歳のときに

それぞれエベレスト登頂に成功し、

 

成功するたびに、

最年長記録を更新しています。

 

ある意味“頂点に登り続けている人”

と言っても過言ではないでしょう。

 

本日は、

『頂点へ辿り着くために必要なこと』

というテーマでお話します。

 

「目標を持って

 日々チャレンジしているけど、

 達成感が得られていない・・・」

 

という人にはおすすめの内容です。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

さて、三浦さんがある時

インタビューで質問されたそうです。

 

「頂上を目指して登っている時は、

 

 “目標”に向かっているな、

 という感じでしょうか?」

 

すると、三浦さんは

こう答えたそうです。

 

「いいえ、そうではありません。

 

 ただ目の前のあるものを

 乗り越えるだけです。

 

 今、ここを乗り越える。

 

 そしてまた

 今、ここを乗り越える。

 

 そうやって、

 エベレストのてっぺんまで

 登っていくのです」

 

つまり、登っている最中は、

目の前の一歩を繰り返し刻んでいくのみ。

 

その繰り返しで、

世界一高い、8,848メートルの

エベレストの頂上まで登っていく

ということです。

 

確かに、理論的には、

一歩一歩を繰り返し、

 

到着するまで登るのをやめなければ

やがて、エベレストでも

頂上に辿り着けるはずです。

 

とはいえ、誰にでも

達成できることではありません。

 

問題は、そこまで

一生懸命続けられるかどうか

ではないでしょうか。

 

ほとんどの人は、

頂点にたどり着く前に

やめてしまうのです。

 

途中でやめれば、

大したニュースにもなりません。

 

もちろん、ギネスに

認定されることはありません。

 

挑戦すること自体に

意味はあるでしょうが、

 

成果を求めているときに、

成果を出さないと、

ゼロと同じではないでしょうか。

 

つまり、今目の前の一歩は、

成果につながる

一歩でなければなりません。

 

そして、何より大事なのは、

何のために登るのかといった

“やる理由”ではないでしょうか。

 

言い方を変えれば、

どんなに失敗したとしても、

 

「次は絶対登ってやる!」という

気持ちさえなくならなければ、

成果は必ずついてくるのです。

 

我々も、最初から

エベレストはムリだとしても、

 

・まずは、目の前の駅の階段

 

・次は、高尾山を登頂

 

・最終的には、富士山を制覇

 

そのように少しずつ目標を上げて

目の前の課題に対し、

 

自分ができることを

精一杯やり続けることが

大事なのではないでしょうか。

 

あなたは、何のために

お金を得ようとしているのか?

 

何のために、投資をしているのか?

 

大層な理由なんて必要ありませんので、

ぜひ、この機会に明確にしてください。

 

やる理由が明確になれば、

たとえ今日の一歩が

報われなかったとしても、

 

また次の一歩、そしてまた一歩と

頂点へ近づいて行くはずです。

 

目標が定まったら、良い意味で、

日々の出来事に一喜一憂せずに、

一歩一歩を刻んでいきましょう。

 

あなたの、その一歩一歩が

頂点につながっています。

 

今日もお読みいただき、

ありがとうございました。

 

織田慶

 

コメント